理論家 天才 せがっち【公式ブログ】

東日本大震災 早期対応の原案書 ■■■ 東日本大震災 早期対応の解説書 ■■■ 尖閣諸島問題 衝突回避の原案書 ■■■ 防衛化学 新法則の発明家 ■■■ 他功績あり

せがっちとメディアの距離

さて、せがっちとメディア(マスコミ関係)との距離感も書いておきます。

 

せがっちは、10年位前にも広報活動をした事があります。

その時は、政治家やマスコミ関係者が中心でした。

ただ報道はされませんでしたね。

せがっちを知っている人たちは結構いますが、一般の人が知らないのはこの為です。

しかし、これが後々とんでもない事になっていきます。

 

せがっちに取材とかしないで、記事にするようになりました。

TV・新聞とか見ててもおかしい。

メディアが狂った。

けどね、これ、圧力とかじゃないんですよ。

「「ビビッて逃げちゃった」」

メディアは、せがっちに対して、純粋なる無邪気が多くなりました。

 

間違いと勘違いを生むだろうなぁと思う。

そんな事を10年以上続けてますね。

もう収集つかないですね。

もちろんこんな事しちゃダメなんですよ。

 

そして、この問題には、もう1つ問題点があります。

『 記事が面白い 』

メディアは、宇宙人でも追ってるんじゃないのって思う。

芸能人もやっぱり相応に華やかだしさ。

せがっちはそんなに面白くないからね・・・。

 

せがっちと政治との距離

さて、少し政治関係を整理したいと思います。

 

せがっちは、東日本大震災の時に活躍をした人です。

旧民主党政権時代の人たちと関係が深いと思うかも知れません。

復興防災の事もあるので、旧民主党政権時代の人たちに近づいた事がありました。

もの静かに「もう与党やらないから・・・。」

儚くて、潔かったです。

政治家らしいな・・・と思いました。

せがっちが知る限りですが、みんな同じでした。

 

せがっちも空を仰ぎました。

関係は整理済みですね。

 

野党ががんばって逆転する事があるかも知れません。

それは、その時にがんばった人の力です。

 

しばらくは、せがっちの実績に基づく広報活動しようかなと思います。

せがっちの事を知らない人が多いからね。

 

 

焼き肉食べて来た

 

昨日はひさしぶりに友人と飲食を楽しみました。

飲食レポートです。

行ってきたのは、焼き肉食い放題 牛角です。

牛角コースと飲み放題のコースを注文。

焼き肉を食べながら、ビールとサワーを楽しむつもりです。

 

お肉も焼けてきておいしいひと時を過ごします。

ビールからサワーに変えると、「むむっちょっと薄い?」という感じになりました。

これが後から好評化に変わります。

さて、本格的にお肉が焼けてきました。

 

(これが・・・)

(こうなって・・・)

(こうなる。)

ほほぉーっという感じです。

おいしそうでしょ。

肉厚のカルビがうまかった。

そして、薄味と思ったサワーが飲みやすく感じるようになりました。

お肉が脂っぽいからちょうどいいのかもしれませんね。

(酒飲みにはちょっと物足りないかもしれないけど悪酔いの心配があまりなくてよい)

 

アルコールたくさんおかわりして、肉食ったぞ!!!

にぃぃくぅぅぅ!!